Home » 未分類 » 翻訳をするために語学力以外に必要なスキル

翻訳をするために語学力以外に必要なスキル

翻訳作業は気遣いが大切

翻訳というと、何も知らない人はただ単に日本語と外国語を置き換えるだけの仕事だと思っているかもしれません。しかし実際には繊細な作業で気遣いが必要になる場面がとても多いのです。例えば日本語にはあっても英語にはない単語があったら、それを英語に置き換えることは直接にはできません。だからといって、そんな言葉をローマ字で書いてお茶を濁しているようでは、何が言いたいのか相手に伝わりませんよね。伝えたいものを伝える表現の工夫が大切なのです。

専門分野の知識は語学力以上に大切

日本語で言われても何が何だか分からない難しい文章を英語にしろと言われても、そんなことは無理ですよね。辞書があれば何でも翻訳できるというものではありません。伝えるべき内容がしっかり理解できて、はじめて翻訳という作業がスタートできるのです。翻訳は技術文書などの難しい文章を相手にすることがとても多いので、そもそも技術文書を理解できなければ、話になりません。つまり語学以上に、そんな技術分野の知識が大切なのです。

意外に必要な日本語の作文力

普段しゃべっている文章をそのまま書き言葉にしてみると分かりますが、とても子供っぽい文章になってしまいます。つまり、文章として書く言葉というのは、話し言葉と違ってしっかりした作文力がベースとして必要なのです。たとえ高い語学力や深い技術の専門知識があっても、分かりにくい文章で書かれているのでは意味がありません。翻訳に必要なのは、たとえ難しい内容でもちゃんと誰にでも分かる平易な言葉で書ける作文力なのです。

日本のグローバル化に際して、多言語翻訳が可能なスマホの無料アプリケーションが多く出回っています。最近では、テキスト入力以外にも、音声認識のものもあります。

最近のコメント