Home » 未分類 » いつの時代でも集客率を上げる目的で作られてきた看板

いつの時代でも集客率を上げる目的で作られてきた看板

一目でわかる看板を作ろう

一般的に庶民から見た看板のイメージでは、ショップの名前を知らせるための看板なのかもしれません。しかし、何処を歩いていても無数にある看板ですが、真似して作った看板というのはあまりなく、店のプライドをかけて独自の看板を掲げていることが多いものです。ただの目印として思われがちな看板ですが、看板にも良い看板、悪い看板というものがあります。悪い看板は読み辛く分かり難い看板で、良い看板とはどんなお店か一目で分かる直感的な看板です。

看板によって情報を発信する

看板が担っている役目というのは、どのような役目なのでしょうか。看板は大きな目印になりますから、待ち合わせ場所としても利用することが出来ます。看板のまわりにはいつでも通行人がいて、人が集まる場所になっていることが多いのです。看板を設置している本当の目的は、お店の場所を知らせることの他に、そのお店の情報を発信するためのものでもあるのです。看板を目印にその情報を受けて、多くの人が目的を持って行動していると言えます。

古の文明からある看板のあり方

古の時代より時を越えて存在している看板、商売というものが始められた時点で、看板も必要になったと言えます。店舗同士の競争や人々へのアピールアイテムとして看板は古い時代から既にあり、過去を遡ってみてもその目的は変わりません。古代でも現代でも看板の最大の効果は集客力にあるのです。集客するための分かり易い現代風の看板とは、斬新で魅力的、モダンでアンティーク、オシャレで可愛らしい看板など、その色や形は様々です。人を集めるためには読ませる看板より、直感的でビジュアル重視の看板が良いでしょう。

店舗の店先には必ずあります。お店の名前の入った看板はお店の顔と言えます。見ただけでお店の情報が分かりやすく書いてあるのが理想的です。

最近のコメント