Home » 未分類 » 読んでおくと役に立ちます!!システム開発の流れ

読んでおくと役に立ちます!!システム開発の流れ

システム開発の流れとは

システム開発の流れを紹介したいと思います。まずシステム開発とは何をするのかといいますと、主に新しいプログラムを開発する仕事の事をシステム開発といいます。それではシステム開発の仕事の流れについて説明をしていきます。まず顧客がどのようなシステムを希望しているのかをリサーチするところからはじめます。システムのリサーチ後は発生する予算や必要な人員、プログラム開発までに掛かる期間を計算する事に。計算が終了しましたら次の作業に入ります。

システムを設計していく

システムのリサーチが終了しましたら、基本設計フェーズという作業を行います。基本設計フェーズでは開発の対象となるシステムをモデル化していきます。この作業では主にデータのコード化や画面の設計を行っています。次はプログラムの詳細設計を設計していきます。同時にプログラムのインターフェイスを設計し、各プログラムの共通化を図ります。詳細設計が出来上がりましたら、設計図を元にしてプログラムを打ち込んでいきます。

正常に動くかどうかテストする

プログラムの入力が終了しましたら、システムが正常に動くかをチェックしていきます。この作業ではチェック用にシナリオを用意する事が多いですね。次はシステムの耐久性に対しての動作確認を行い、動作確認に合格しましたら最後の作業に移ります。最後は実際に使う環境を想定してテストを行います。この作業の事を運用テストフェーズといい、最後の作業となります。最後の作業となりますので、時間をかけてしっかりとテストしていきます。

企業の効率化のために、notesのマイグレーションを行うのは良い方法です。そのためにスムーズな対応をしたいのなら、専門業者の力を借りてみると良いでしょう。

最近のコメント